これで受かる!面接対策マニュアル

面接対策は身だしなみから

面接を成功させるコツ

面接は短い時間のコミュニケーションなので、どれだけ良い第一印象を与えることができるかで成否が決まると言っても過言ではありません。そこで第一印象を良くするために男女共に服装には気をつけましょう。面接会場に入った瞬間の印象は服装で決まります。また冒頭の自己紹介も第一印象には極めて重要になるのできちんと準備をして臨みましょう。

面接対策マニュアル!

当サイト管理人も複数回の転職を経験し、その中で面接突破のポイントを学んできました。そうした経験によって蓄積したノウハウを転職に悩む人たちの役に立てるために当サイトを運営し、面接対策の方法論ややりたい仕事探しの重要性をお伝えしています。なお当サイト管理人への連絡は【メールフォーム】までお寄せください。

身だしなみで損をすることも…

身だしなみで損をすることも…

Pocket
LINEで送る

身だしなみは大事

転職活動を行っており、面接対策についても考えているのであれば有名なメラビアンの法則をご存知の方もいるかもしれません。これは人間の第一印象はわずか数秒で決まってしまい、特に見た目によって第一印象の6割近くが決まってしまうというものです。人間は一度先入観を持ってしまうとなかなかそれを修正できない生き物です。ましてや面接は30分、長くても1時間程度でしかないため第一印象で悪い印象を与えてしまっては時間内にそれを修正することはまずできません。
だからこそ面接では自分が相手にどのような第一印象を与えるのかに気を配るべきであり、重要なポイントである見た目に気を配るべきなのです。

身だしなみがダメな人は誰も助けてくれない

なお身だしなみに関しては、面接の時だけ良くすれば良いというわけではありません。なるべく普段から心がけるべきですし、特に面接以外でも重要な人物との面談に臨む場合は気を配るべきです。例えば面接とは別に、今の仕事の関係で企業の方と会う場合があります。また転職エージェントなど、あなたの転職をサポートしてくれる方との面談に臨む場合もあるでしょう。そうした時に、きちんとした服装で身だしなみが整っている人でなければ相手も安心できません。身だしなみすら整えられない人物というのは社会人としての常識や基礎能力が疑われるので、そうした人物は自信を持って推薦することもできません。

高級なものはいらない

このように普段から重要な身だしなみですが、なにも高級なスーツや時計を購入しなければならないというわけではありません。もちろんスーツが必要な職業に就こうとしているのに、一着も持っていないという場合は購入しなければならないですが、何も高級な物を選ぶ必要は無いのです。新しく購入する必要がある場合は常識的なデザインや色合いをしているか、また自分の体のサイズに合っているかを重視しましょう。

大切な清潔感

身だしなみを整えるために高級な物は要りませんが、購入した衣類のメンテナンスは大切です。特に清潔感を感じるかどうかが、身だしなみが整っているかどうかの境目と言っても良いので、洗濯やクリーニングには気を配りましょう。また衣類のこと以外に、自分自身にも清潔感があるのかどうかが重要になります。当たり前のことですが入浴は毎日行い、歯磨きも最低1日1回、できたら毎食後行いましょう。また爪が伸びすぎていたら切るべきですし、髪の毛が伸びすぎていないかや無精髭が生えていないかにも注意をしましょう。

2016.11.28

模擬面接を考えているなら