これで受かる!面接対策マニュアル

面接対策は先達から学ぶ

面接を成功させるコツ

面接は短い時間のコミュニケーションなので、どれだけ良い第一印象を与えることができるかで成否が決まると言っても過言ではありません。そこで第一印象を良くするために男女共に服装には気をつけましょう。面接会場に入った瞬間の印象は服装で決まります。また冒頭の自己紹介も第一印象には極めて重要になるのできちんと準備をして臨みましょう。

面接対策マニュアル!

当サイト管理人も複数回の転職を経験し、その中で面接突破のポイントを学んできました。そうした経験によって蓄積したノウハウを転職に悩む人たちの役に立てるために当サイトを運営し、面接対策の方法論ややりたい仕事探しの重要性をお伝えしています。なお当サイト管理人への連絡は【メールフォーム】までお寄せください。

先達から学ぶ面接NG集

先達から学ぶ面接NG集

Pocket
LINEで送る

面接にはトラブルがつきもの

転職活動をするのであれば面接は避けて通れないのですが、多くの方は新卒採用の際に経験をしたくらいで面接に対するトレーニングができていません。そのため、事前に準備をすれば防げるようなトラブルに遭遇してしまい失敗してしまうことがあります。そこでここでは実際に転職活動をされている方が遭遇してきたトラブルや失敗事例にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

面接時間や場所の勘違い

まずもっとも避けたいトラブルは面接時間の勘違いや面接会場の勘違いによる遅刻や欠席です。もちろんこのようなことがないように多くの方が気をつけているのでしょうが、どうしても人間ですのでケアレスミスの可能性は0にはできません。特に転職候補先とのやりとりを電話で行っていた場合は聞き間違いなどがありえますし、手帳への写し間違いなどもありえます。こうしたことがないように十分に注意し、やりとりにはなるべくメールなど文章が残るものを使ったり面接の前日に確認の連絡をしたりすると良いでしょう。
またこうした勘違いはなくとも、純粋に道に迷ってしまって遅刻してしまうリスクもあります。やはり前日には地図を確認し、プリントしたりデータをスマートフォンに保存しておいたりするべきでしょう。

睡眠不足や体調不良

またその他にもよくある面接の失敗は睡眠不足や風邪など体調不良による失敗です。もしあなた以外にも採用候補者がいたとして、僅差で争っていたような場合は少しの体調の違いが面接の出来栄えに影響し、合否を分けてしまうことに繋がりかねません。ベストなコンディションで臨めるよう、体調には十分注意し前日は早く眠るようにしましょう。

準備不足

またこれは失敗とは言わないかもしれませんが、実際に転職活動の面接が上手くいかなかった方の話を伺うとそもそも準備不足という場合が多くあります。確かに今の仕事をしながら転職活動を行っている場合、忙しい日々を過ごすことになりますので落ち着いて準備ができません。しかしそれでも企業に採用されたいと思う理由や自己PR、それに転職の動機程度は答えられるようにしておくべきでしょう。
また面接の場に慣れていないために、緊張してしまい過剰に自分のことをPRしてしまったり、逆に過度に謙遜をしてしまって自信の無い人物に見られてしまったりすることがあります。ただ、落ちついて適度に自分のことをPRできているかどうかは、なかなか自分だけでは判断ができません。そこで面接の前に何度か模擬面接の機会を設け、他人からもフィードバックをもらい練習すると良いでしょう。

2016.11.27

模擬面接を考えているなら