これで受かる!面接対策マニュアル

面接対策としての女性の服装

面接を成功させるコツ

面接は短い時間のコミュニケーションなので、どれだけ良い第一印象を与えることができるかで成否が決まると言っても過言ではありません。そこで第一印象を良くするために男女共に服装には気をつけましょう。面接会場に入った瞬間の印象は服装で決まります。また冒頭の自己紹介も第一印象には極めて重要になるのできちんと準備をして臨みましょう。

面接対策マニュアル!

当サイト管理人も複数回の転職を経験し、その中で面接突破のポイントを学んできました。そうした経験によって蓄積したノウハウを転職に悩む人たちの役に立てるために当サイトを運営し、面接対策の方法論ややりたい仕事探しの重要性をお伝えしています。なお当サイト管理人への連絡は【メールフォーム】までお寄せください。

女性は派手な服装は避けよう

女性は派手な服装は避けよう

Pocket
LINEで送る

面接では服装が大事

きちんと理解していない方も多いのでここで声を大にしてお伝えしたいのですが、面接では服装も見られているのできちんと準備をしてください。特に男性はスーツをきちんと着ていけば大丈夫なのでまだ簡単なのですが、女性の場合は選択肢が多いだけに大変です。中には服装ではなく人間としての中身や仕事の能力を見て欲しいと思う方もいるでしょう。確かに服装だけで仕事をするわけではありませんし、ごく一部の専門職に限っては服装が関係ない場合があります。しかし 世の中の仕事の大半は人と接して行う仕事であり、その場合は必ずお客様にも服装のチェックはされるのです。極端な話ですが、誰だって不衛生な服装をしている人にご飯を作ってもらおうとはしないでしょう。また面接という一世一代の場で服装に気を使わないというのは誠意のある人物とは認識してもらえません。

女性の面接時の服装

さて特に難しい女性の面接時の服装対策ですが、基本方針として派手な服装は控えるべきです。もちろん志望先の業界がアパレル業界やデザイン業界だったりする場合、地味すぎたりおしゃれさがないのもセンスを疑われるので良くないのですが、それでも派手な格好は控え落ち着いたおしゃれを心がけるべきでしょう。そしてそうした特殊な業界以外の面接であれば落ち着いて清潔感のある服装が一番好まれます。例えばブラウスを着用する場合はフリルのついたものは避けましょう。またお金をかけた服装をする必要はありませんが、糸がほつれていたり沁みがついていたりする服ではいけません。きちんと洗濯されていてアイロンが掛けられた服を着ていきましょう。
そもそもスーツを着るべきかどうかですが、まずスーツで行って失敗をすることはありませんのでスーツで行った方が無難です。また何を着るのかという問題以外にも髪型やメイクも見られているので注意してください。服装との兼ね合いや本人に似合う似合わないの問題もありますが、やはり清潔感を重視し、あまり派手なものや幼く感じるものは避けましょう。

スカートかパンツか

女性の場合はスーツかどうかという点の他にも、スカートで行くかパンツで行くかも悩まれる点ではあるでしょう。ここに関しては嫌いな方を無理に着るくらいなら、好きな方を選べば良いと思います。ただ両方持っていてどちらかで悩んでいるのでしたら、志望する職種によって服装を変えれば良いでしょう。例えば年配の方が多い職場であったり、秘書や受付などを志望したりする場合はスカートの方が好まれる場合が多いです。ただしスカートを履く場合は長さに注意し、立った時に膝が隠れるくらいの長さにするのが無難です。

2016.11.26

模擬面接を考えているなら