これで受かる!面接対策マニュアル

面接対策としての男性の服装

面接を成功させるコツ

面接は短い時間のコミュニケーションなので、どれだけ良い第一印象を与えることができるかで成否が決まると言っても過言ではありません。そこで第一印象を良くするために男女共に服装には気をつけましょう。面接会場に入った瞬間の印象は服装で決まります。また冒頭の自己紹介も第一印象には極めて重要になるのできちんと準備をして臨みましょう。

面接対策マニュアル!

当サイト管理人も複数回の転職を経験し、その中で面接突破のポイントを学んできました。そうした経験によって蓄積したノウハウを転職に悩む人たちの役に立てるために当サイトを運営し、面接対策の方法論ややりたい仕事探しの重要性をお伝えしています。なお当サイト管理人への連絡は【メールフォーム】までお寄せください。

男性は清潔感のある服装を意識しよう

男性は清潔感のある服装を意識しよう

Pocket
LINEで送る

男性の服装

当然ですが、男性も女性と同様に面接時にはどういった服装で来るのかが見られています。確かに人間は服装だけで仕事をするわけではありませんが、例えば営業や販売、それにコンサルタントのような仕事であれば服装によって印象が左右されるので服装にこだわることは重要です。これが新卒採用の場合であれば、安物でもスーツを着てさえくれば特に問題はないのですが、ある程度の仕事経験があるはずの社会人で服装や印象への意識が薄い人の場合、やはり仕事ができる人という印象が感じられなくなってしまうのです。たかが服装されど服装と思い、ここで損をしてしまうのことのないようにきちんと準備をしていきましょう。

スーツはシンプルに

まずスーツを着るかどうかですが、一部のデザイン系の仕事などよほど特殊な場合を除いて男性は面接にはスーツで行きましょう。もちろん相手から事前にスーツ着用不要の申し出があれば無理にスーツでなくても構いませんが、そうした場合以外は素直にスーツで行くべきです。そしてどのようなスーツを着るべきかですが、基本は紺か黒で無地のシンプルなスーツで行きましょう。茶色やグレーのスーツが好きで、その格好で行きたいという人もいるかもしれませんが、面接のシーンでは好印象を与えられない可能性があります。また柄に関しても薄いストライプやよく見ないとわからないくらいの細いストライプであれば良いですが、チョークストライプのような派手な柄は面接向きではありません。

ネクタイや靴のポイント

またスーツの他にネクタイや靴、鞄や時計などの小物の選択もとても重要ですし相手に見られています。まずネクタイはシンプルな柄のものを選ぶべきであり、可能なら紺などの落ち着いた色の無地のものを選びましょう。間違っても派手なキャラクターものは避けるべきですし、ブランドロゴが目立っているようなものも避けた方が無難です。また靴は黒の革靴、ギリギリで茶色の革靴までであり、それ以外は面接の場にはふさわしくありません。鞄は無理に革製のものなどにする必要はありませんが、赤や水色など派手な色のものは避け、無難に黒や紺のビジネス鞄を選ぶようにしましょう。

清潔感が大事

上記のような服装の選択ができたら最後の仕上げは清潔感です。不衛生な人物に仕事ができそうという印象を抱く人はほとんどいません。まずスーツやワイシャツはクリーニングに出し、変な皺や沁みがないようにしたいですし、靴も前日のうちに磨いてピカピカにしておきましょう。またエチケットとしてハンカチやティッシュなども面接の日は持ち歩くようにしてください。

2016.11.30

模擬面接を考えているなら