これで受かる!面接対策マニュアル

面接対策は中途だからこそ大事

面接を成功させるコツ

面接は短い時間のコミュニケーションなので、どれだけ良い第一印象を与えることができるかで成否が決まると言っても過言ではありません。そこで第一印象を良くするために男女共に服装には気をつけましょう。面接会場に入った瞬間の印象は服装で決まります。また冒頭の自己紹介も第一印象には極めて重要になるのできちんと準備をして臨みましょう。

面接対策マニュアル!

当サイト管理人も複数回の転職を経験し、その中で面接突破のポイントを学んできました。そうした経験によって蓄積したノウハウを転職に悩む人たちの役に立てるために当サイトを運営し、面接対策の方法論ややりたい仕事探しの重要性をお伝えしています。なお当サイト管理人への連絡は【メールフォーム】までお寄せください。

中途採用者は面接を重視される

中途採用者は面接を重視される

Pocket
LINEで送る

中途採用のポイント

転職を行う場合は当然新卒採用ではなく中途採用になるのですが、中途採用者は新卒採用者に比べて求められているものが異なります。新卒採用者であればこれまでの社会人経験はないので、求められているものは地頭の良さや礼儀正しさなどの基本的なコミュニケーション能力、それに元気の良さなどのベーシックスキルになります。そしてそうしたベーシックスキルを備えているかどうかは学歴や所属していた部活・サークルなどこれまでの経歴で判断することができるのです。
しかしこれが中途採用者の場合ですとまず人材に求めるものが異なり、即戦力となるような社会人としての必須スキルを持っているかどうかがとても重要になります。それは人間性やヒューマンスキルと言っても良いでしょう。学生であれば元気の良さと礼儀正しさがあれば良いですが、社会人であればそれだけではいけません。場の空気を読む力やTPOに合わせた服装をする力、また相手を慮ってやり取りをするような高度なコミュニケーション能力が求められるのです。またそうした事柄の他にも、企画力や発想力、それに一定のプレゼンスキルなども社会人であれば求められます。学生であれば「大勢の前での発表は緊張してしまいます」と言っても許してもらえますが、社会人であればそうはいきません。これまでの仕事の中でそうした能力を磨いてこなかったというだけでもマイナス評価になってしまうのです。

見極めるために面接

上記のように中途採用者は新卒採用者以上のヒューマンスキルや人間性を見られているのですが、見極めのために重視されているのが面接なのです。学生を採用する場合はある程度学歴などでふるいにかけることもできますが、社会人を採用する場合は一部の有名企業に勤務していたような人材を除いて相手がどのような仕事をしていたのかは外部の人間にはわかりません。もちろんだからこそ学生の採用時と異なり履歴書だけではなく職務経歴書も提出してもらうのですが、文章だけで表現し、それを読み解くのも限界があるのです。
しかしそれが面接であれば相手と相対してコミュニケーション能力の有無や人間性などを評価できるので、正しく相手の力量を見極めることが可能です。プレゼンスキルがあるかどうかや発想力があるかどうかも、面接の会話のなかでどういった受け答えをするのかである程度推測可能です。
また転職活動のシーンでは嘘をついてその場を取り繕うとする人も出てきてしまいますが、文章だけで判断しなければならない職務経歴書と異なり、やり取りの中でボロが出ないかチェックできる面接の方が嘘も見破りやすいというメリットもあります。

2016.11.25

模擬面接を考えているなら