これで受かる!面接対策マニュアル

自己紹介は面接対策で重要

面接を成功させるコツ

面接は短い時間のコミュニケーションなので、どれだけ良い第一印象を与えることができるかで成否が決まると言っても過言ではありません。そこで第一印象を良くするために男女共に服装には気をつけましょう。面接会場に入った瞬間の印象は服装で決まります。また冒頭の自己紹介も第一印象には極めて重要になるのできちんと準備をして臨みましょう。

面接対策マニュアル!

当サイト管理人も複数回の転職を経験し、その中で面接突破のポイントを学んできました。そうした経験によって蓄積したノウハウを転職に悩む人たちの役に立てるために当サイトを運営し、面接対策の方法論ややりたい仕事探しの重要性をお伝えしています。なお当サイト管理人への連絡は【メールフォーム】までお寄せください。

印象に残る自己紹介を

印象に残る自己紹介を

Pocket
LINEで送る

自己紹介は大事

面接の準備というと多くの方が自己PRの作成や志望動機の作成に力を注ぎますし、もっと頑張っている人でも相手に質問したいことのリストや想定問答集を作成するくらいでしょう。しかし面接準備の中で最も重要になるのは、実は一番初めの自己紹介の準備なのです。自己紹介が大切な理由はいくつかありますが、面接は自己紹介から始まるのでここで第一印象が決まってしまうからという理由が大きいです。また自己紹介だけが面接官に促されなくとも自分から話を始めやすく、場をリードしやすいので自分のペースに持って行きやすいという理由もあります。それに自己紹介で自分に対して興味を持ってもらうポイントを上手く相手の中に残せれば、その後の面接の流れを自分の思う方向にコントロールできるというのも大きいでしょう。

短く1分以内で

なお自己紹介のポイントですが、基本は短く1分以内でまとめることが大切です。人間はこういうとき緊張したり欲をかいてしまったりして、ついあれも伝えよう、これも伝えようと話が長くなってしまいがちです。しかしそれでは相手の頭の中に話が残らず、無駄に話の長い人間だという悪い印象のみが相手に残ってしまうのです。また短い自己紹介の中で起承転結をきちんと盛り込めると、相手にはとてもロジカルでスマートな印象を与えられます。

面接で伝えたいことを盛り込む

また自己紹介で述べるべきポイントですが、その面接で相手に伝えたいことの要点を盛り込むことが大切です。すなわち現在の所属やこれまでの経歴、そして今後の志望、また今回の面接で相手に特に伝えたいと思うことです。こうした内容を「初めまして」などの冒頭の挨拶と、「よろしくお願いします」などの締めの挨拶で挟むことで自己紹介は仕上がります。

話し方のポイント

なお自己紹介を行う際にはその話し方にも注意すると良いでしょう。まず声は明るく大きな声で、相手に良く伝わるように気をつけてください。小さくぼそぼそと話してしまい、何を言っているのかわからないと思われればそれだけでマイナスの印象を与えてしまいます。また話すときはきちんと面接官の目を見て話すようにしてください。人間は自分の目をじっと見つめる人間を自信がある人物だと思うようにできているからです。ずっと見つめているのは不自然ではないかと心配される方もいるかもしれませんが、自己紹介の時間に限っては要らない心配です。確かにあまりに長時間相手の目を見つめ続けるのは不自然ですが、自己紹介の時間は長くとも1分程度であり、その間だけ見つめる程度なら違和感はないからです。

2017.01.11

模擬面接を考えているなら