これで受かる!面接対策マニュアル

面接対策でやりたい仕事を見つけよう

面接を成功させるコツ

面接は短い時間のコミュニケーションなので、どれだけ良い第一印象を与えることができるかで成否が決まると言っても過言ではありません。そこで第一印象を良くするために男女共に服装には気をつけましょう。面接会場に入った瞬間の印象は服装で決まります。また冒頭の自己紹介も第一印象には極めて重要になるのできちんと準備をして臨みましょう。

面接対策マニュアル!

当サイト管理人も複数回の転職を経験し、その中で面接突破のポイントを学んできました。そうした経験によって蓄積したノウハウを転職に悩む人たちの役に立てるために当サイトを運営し、面接対策の方法論ややりたい仕事探しの重要性をお伝えしています。なお当サイト管理人への連絡は【メールフォーム】までお寄せください。

自分のやりたいことを見つけよう

自分のやりたいことを見つけよう

Pocket
LINEで送る

やりたいことが分からない

現代人の悩みには様々なものがありますが、自分の本当にやりたいことが分からないというのも代表的な悩みの1つと言って良いでしょう。考えてみればこれは贅沢な悩みとも言え、食うに困る状況であればやりたいことは何かというような悩みを抱いている余裕はありません。しかし人間は豊かになって生活が安定するにしたがって、自分のしたいことを形にしたいという自己実現の欲求が高まる生き物であり、それは人として健全な証拠でもあります。しかしやりたいことを行うにはやりたいことが何なのか自分自身で理解しなければいけないので、そのためのポイントを見ていきましょう。

まずは色々インプット

自分のやりたいことを見つけるためのポイントですが、まずは様々な情報をインプットすることです。そもそもどんな仕事があるのか理解していなければ自分のやりたいことを見つけることはできません。この段階ではあまり気負わずに楽しみながら世の中にはどんな仕事があるのか調べていけば良いです。本を読んだりネットで調べたりするのも良いですし、友人の仕事や家族の仕事について聞いてみるのも良いでしょう。仕事に限定しなくとも楽しそうな趣味を見つけようと情報収集をするのでも構いません。

興味のある事を体験する

そうして色々と情報収集をしているとだんだんと自分の興味の方向性が明確になってきます。ただこの段階ではまだ、焦ってこれをしようと決めない方が良いでしょう。実際に体験をせずに情報だけで決めてしまうと思い違いをしていたり、憧れだけで現実が見えていなかったりする場合があるからです。そこでおすすめは興味のあることを体験してみる事です。例えば介護など人の役に立つ仕事に興味を持ったのであれば、ボランティアなどで介護を体験してみたり、初級の資格の勉強をして取得してみたりするとイメージがつかめると思います。また編集や出版のような仕事に興味を持ったのであれば自分で仲間を集めて同人誌などを作成するのも良いでしょう。エンジニアやWebデザイナーなどの仕事に興味を持った場合は実際に自分でアプリやWebを作ってみるのもおすすめです。

感じたことを深掘りする

上記のように実際に行動に移してみたら、その結果自分がどう感じたかをきちんと深掘りしてみましょう。思ったよりも楽しくなかったり大変だったりして嫌になってしまうこともあれば、その逆に思った以上に楽しくてもっと本格的に取り組みたいと思う場合もあるでしょう。無理に焦る必要はないので、納得のいくまで挑戦を繰り返し本当にやりたいと思えることを見つけることが大切です。

2016.12.06

模擬面接を考えているなら